公演番号【182】 ジャズ 公演一覧へ

梶原圭恵(vn)&井高寛朗(p)


梶原圭恵(vn)&井高寛朗(p)
公演日時 2018年10月21日(日) 
①19:20~20:00/②20:30~21:10(18:50開場)
会場 砂時計
チケット料金 当日こちらのライブ会場でもフリーパス券販売しております。
以下のジャズ・フリーパス券でご入場いただけます。
●チケット赤色:3000円
●チケット青色:4000円
(10月19日、20日、21日の中から赤は2日を選択でき、青は3日間全日程ご覧になれます)
※会場が飲食店の場合各ステージ1オーダー以上をお願いします。


JAZZフリーパス・チケットを販売しているお店
●マザーグース
●パンの森、江古田/パソコンの電気屋
●ヴィエイユ
●ビストロ1675
●珈琲ぶな
出演者・共演者 梶原圭恵(vn)、井高寛朗(p)
曲目 当日のお楽しみ
お問合わせ jazz@eko-on.jp

梶原圭恵(ヴァイオリン)

大分県出身。
6歳よりピアノ、9歳よりヴァイオリンを始め、 福岡女学院高等学校音楽科、東京音楽大学を卒業。 在学中、ストリングスジャズグループのTurtle Island Quartetに 影響を受け、大学卒業後ジャズヴァイオリンを学び始める。 アメリカにてMark O’Connor Fiddle Camp、 Christian Howes Creative Strings Workshopなどに参加。 2011年ジャマイカ OchoRios国際ジャズフェスティバル出演。 2014年ギタリストMarc Ribot率いるThe Young Philadelphiansジャパンツアーにストリングトリオとして参加、フジロックなどに出演。 ジャズ、オリジナルを中心に各地で演奏活動を行うほか、レコーディング、各種イベントなどの演奏も行う。 また地域活性のため大分県「慈恩の滝」のイメージソングを作曲、提供 するなど幅広く活動している。

井高寛朗(p)

滋賀県栗東市出身。
音楽が大好きだった祖父母の影響で7歳よりヤマハ音楽教室にてエレクトーンを習い始める。アレンジや作曲の勉強、コンクールへの挑戦など、青春時代をエレクトーンと共に過ごす。 20歳よりバンド活動を開始し、ジャズ、ポップス、シャンソン、ソウル、ファンク、タンゴ、ラテン、、、と様々な音楽に触れ、たくさんのミュージシャンに出会ったのをきっかけに24歳でエレクトーンからピアニスト・オルガニストに転向。 10年間関西にて活動した後、2016年より上京し活動の拠点を関東に移す。 演奏活動の他に2017年からリリースされているCD「日常のジャズ」シリーズではアレンジ・サウンドプロデュースを担当するなど、幼少期から培ってきた幅広い音楽性で縦横無尽に活動中。