公演番号【177】 ジャズ 公演一覧へ

石川早苗(vo)&関根彰良(g)


石川早苗(vo)&関根彰良(g)
公演日時 2018年10月20日(土) 
①19:40~20:20/②20:50~21:30(19:10開場)
会場 bistro1675
チケット料金 当日こちらのライブ会場でもフリーパス券販売しております。
以下のジャズ・フリーパス券でご入場いただけます。
●チケット赤色:3000円
●チケット青色:4000円
(10月19日、20日、21日の中から赤は2日を選択でき、青は3日間全日程ご覧になれます)
※会場が飲食店の場合各ステージ1オーダー以上をお願いします。


JAZZフリーパス・チケットを販売しているお店
●マザーグース
●パンの森、江古田/パソコンの電気屋
●ヴィエイユ
●ビストロ1675
●珈琲ぶな
出演者・共演者 石川早苗(vo)、関根彰良(g)
曲目 当日のお楽しみ
お問合わせ jazz@eko-on.jp

石川早苗(ヴォーカル)

千葉県出身。
幼少期からピアノ、演劇などに親しみ、高校入学とともにヴォーカルを始める。慶応義塾大学卒業後、プロ活動を開始し、次第にJazzに傾倒。2007年に『Feel Like Makin' Love』をリリースし『Swing Journal』『JAZZ LIFE』『ジャズ批評』など専門誌のレビューで「輝ける新人」「新人としてのすべてをクリアした期待の新星」「天性の音楽カン」などと絶賛を受ける。さいたま新都心ジャズボーカルコンテストにて2009年準グランプリ受賞、2007年には歌唱賞も受賞している。2015年UTA Witコンテスト東京大会で日本人初のグランプリを獲得。ファイナルでは歴代日本人最高順位タイの3位を受賞した。年間200本を超える精力的なライヴ活動のほか、ヴォイストレーニング講師としても活動中。猫が好き。

関根彰良(ギター)

千葉県生まれ。
幼少の頃よりクラシックピアノを始める。 12歳でロックに興味を持ちギターを手にする。 東京大学入学後ジャズに出会い、同大のジャズ研究会に所属しながらプロとしての演奏活動を開始する。文学部美学芸術学専攻卒業。 クラシックギターを井上學、フラメンコギターを山崎まさし各氏に師事。 2009年夏、Anat Cohen(cl, sax)の日本ツアーに参加。 2012年スペインに滞在。フラメンコギターをChano Carrasco, Manuel Parrilla,Ramón Amador各氏に師事。 これまでに"FUZZ JAZZ”、"SOLITARY PHASE"、"WET & DRY"の3枚のアルバムをリリースしている。