公演番号【175】 ジャズ 公演一覧へ

伊東佑季(b)&須田晶子(vo)


伊東佑季(b)&須田晶子(vo)
公演日時 2018年10月20日(土) 
①19:00~19:40/②20:10~20:50(18:30開場)
会場 ほろっほ・カフェ/さえずる酒場
チケット料金 当日こちらのライブ会場でもフリーパス券販売しております。
以下のジャズ・フリーパス券でご入場いただけます。
●チケット赤色:3000円
●チケット青色:4000円
(10月19日、20日、21日の中から赤は2日を選択でき、青は3日間全日程ご覧になれます)
※会場が飲食店の場合各ステージ1オーダー以上をお願いします。


JAZZフリーパス・チケットを販売しているお店
●マザーグース
●パンの森、江古田/パソコンの電気屋
●ヴィエイユ
●ビストロ1675
●珈琲ぶな
出演者・共演者 伊東佑季(b)、須田晶子(vo)
曲目 当日のお楽しみ
お問合わせ jazz@eko-on.jp

伊東佑季(ベース)

北海道旭川市出身。
JMIAジュニアジャズオーケストラとの出会いをきっかけにジャズを始める。 同バンドのメンバーとしてチックコリアやエドシグペン等との共演を果たす。 洗足学園音楽大学入学後、Berklee College of MusicのWorld Scholarship Auditionを受け、 全額奨学金を受賞し渡米。卒業後、NYを拠点に活動。 帰国後は都内を中心に活動。 現在は、栗林すみれ(pf)・川島佑介(dr)とのトリオ”Trio Tinctages”、土屋絢子(vo)・津嘉山梢(pf)とのトリオ”ことは、と”、山本玲子(vib)とのデュオユニット”te-te”等のバンドを中心に活動。 自身でもビックバンドのライブを企画をするなどリーダーとしての活動も積極的に行なっている。 ジャズベーシストとしての活動以外にも、作編曲家として幅広いジャンルの音楽を提供している。 代官山音楽院で講師としても活動。また、吹奏楽や学生ビックバンドの指導を行うなど後進の指導にも力を入れている。

須田晶子(ヴォーカル)

中学時に洋楽に魅力を感じ、2003年に洗足学園音楽大学Jazz科Vocalコースに入学。 平田康子、Dana Hanchard、ギラ・ジルカの各氏に師事。 洗足学園大学を首席で卒業。 2009年春からしっかり英語を身につけるため渡米。 New Yorkで語学を学びながらBaba Raymondの専属バックグラウンドボーカル、 Manhattanのライブハウス、レストランなどで演奏する傍ら、 レコーディングアーティストとしても音楽活動を行う。 2012年春、奨学オーディションに受かりカリフォルニアにある LA Music Academyに奨学生として入学。 Sara Gazarek、Tierney Sutton、Anthony Inzalacoの授業やレッスンを受ける。 帰国後、都内や横浜を中心にライブを行っている。 2016年10月、diskunionより自身の初リーダーアルバム『Flowers On The Hill』をリリース。 このアルバムが雑誌ジャズ批評にて2016年オーディオディスクアワードvocal部門で日本人唯一の7位にノミネートされる。 参加CD 2010年Guitar寺屋ナオのアルバム『Three』 2014年シンガーソングライター高橋ちかのアルバム『LIFE』 2014年Somethin' Coolの設立記念コンピレーションアルバムvol.1 『For Cool Cats Only』 2016年7月、piano福井アミtrioのアルバム『New Journey』 同月、saxphone中村誠一とpiano吉岡秀晃のDuoライブレコーディングのアルバム『DOUBLE JAZZ』